子シャム虹の橋へ

26 5月

昨年の暮れから、胸に出来た腫瘍を治療するため、あめさんの家に入院してた子シャムが治療の甲斐なくアメトを埋葬した翌日に状態が悪くなり、お世話していたあめさんに見取られながら旅立ちました。

病院で抗がん剤を投与すると腫瘍は小さく成るのですが、薬が強いのか食べた物を戻すようになり、薬をうつ間隔を開けると腫瘍がまた大きくなるの繰り返しだったそうです。

元気な頃の子シャム

アメトの隣にしました。

子シャムの亡骸の側に居た子カマキリ

アルバム更新しました

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。