アメト虹の橋へ

21 5月

アメトは2008年の夏にFIPと診断され、余命2年を宣告されていましたが、2011年5月19日虹の橋へ旅立ちました。

2年と5ヶ月何度か病院やあめさんの家に入院しその都度ベンチに帰って来て元気な姿を見せてくれましたが、5月15日の夜から姿を見なくなり、手分けして探したのですが全然見つからず諦めかけていた5月19日りーふさんによりベンチの裏山で冷たくなってるのを見つけて頂きました。

りーふさんは初めてアメトが具合が悪くなり行方不明に成ったときも見つけて頂いています。5月18日においらが探しに行ったときには裏山には居なかったのできっと命の恩人のりーふさんに見つけて欲しかったんだと思います。

虹の橋の向こうへ行けば、鼻水グズグズで苦しかったり、口内炎が痛くてご飯が食べられないのは治ると思います。痛みも苦しみもない世界で先に行った仲間達と仲良く過ごしてください。

生前最後のアメト

アメトの遺体を不思議そうに見つめるロッシ

珍しくはげクロもベンチに来ました

アメトの死を受け入れないロッシ

最後のアメト

虹の橋の向こうでみんなと仲良くね

近くにはチョイを埋めた時に一緒に植えたバラが綺麗に咲いていました。

お腹が空いたのでやって来た子ハチ

アメトへ、虹の橋の向こうで、カギちゃん見つけても虐めちゃダメですよ。

 

フォトアルパム更新しました

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。